今日は小さいお子さん連れで長距離のフライトをする予定の方に向けてのコラムです。

私自身、過去に何度か子供と里帰りをしています。
北欧と日本の間のフライトは長いです。10〜11時間かかります。

どうやってその長い時間を乗り切ったか、どんなグッズやオモチャを使ったのか自分の経験を元に書いてみます。

長距離フライトが怖い気持ちはわかります!
できるだけ準備万態にしたいものです。

この記事を読んで少しでも不安が除かれると幸いです。

2歳児の特徴・どんなオモチャを好む?

子供の性格にもよりますが私の子供はあまり塗り絵や絵本に集中することはありませんでした。
2歳ならまだ塗り絵は早すぎますしね、、、。

私の子供が2歳の時好きだったオモチャはクルマ、飛行機、などの乗り物のオモチャで動かせるモノ。

そして虫や生き物が好き。光ものが好き。

  • 面白い動きをするモノ
  • ピカピカ光るモノ
  • 動物など…があればそれに注意をそそいでくれ、時間稼ぎになりました。

そして機内なので音が出ない、静かに遊べるオモチャを選びました。
(とは言ってもジェットエンジンの音で思ったよりも聞こえません)

子供との機内での過ごし方

オモチャで遊ぶ -> 飽きる -> お散歩 ->

の、ローテンションでした。

機内に同じ年くらいの子供を探す

できれば機内に同い年くらいの子供がいたら、「仲間!」と思いさりげなく、怪しまれないように近寄ります。(笑)

大抵、両親もニッコリ笑顔を返してくれ、一緒に少し遊びましょう?という雰囲気になります。

そうなったらラッキーです!その場所は小さな幼稚園(保育園)となり、
子連れ旅行者の天国の場となります。(大げさ?)

子供はよそのお母さんの読む本に興味を持って静かに聞いてくれたり

お互いのオモチャを見せ合ったり

(あまり貸し借りはまだこの年齢はしません、自分のテリトリーがあって他の子が自分のオモチャに触るのを嫌がります、、)

 

2歳児にウケたオモチャはコレ!

さて、では、2歳の私の子供にウケたオモチャをリストアップしてみます。

1、変な虫のフィギュア カンブリアモンスターフィギュア

子供って、摩訶不思議な物体が好き、、じゃないですか?

う〜〜、、、グロイ。グロすぎます。
うちの子は、この「ムシ」がストライクゾーンにハマったようです。

 

全種類セットもあります。。。。
よく見ると目がつぶらだったりします。グロかわいいと言うべきか。

フライト中、退屈になったら、、、ゴソゴソと出して、「今日はちょっと怖いムシがいるけど、見る?」と言うと(なぜか)目をキラキラして反応します。

袋からそっとそっともぞもぞするようにこのグロフィギュアを出して、、、触覚をチョロチョロ見せながら、、、

ジャーン!と出すと大笑いでした。(ウケたようです。)

あとは狭い席の隙間などを使って、かくれんぼしたり、ムシにお水あげたりお食事ごっこしたり。
なかなか時間が潰せました。
昆虫や動物好きなお子さんにどうぞ!

 

2、Playmobil ドイツのオモチャ、プレイモービル

プレイモービルとは、1074年にドイツで産まれたオモチャのシリーズです。
デンマークがレゴならドイツはプレイモービル!でしょうか、
私個人的はプレイモービルの方が可愛くて好きです。レゴは可愛くない、、、^^;

クルマ好きな子供ならきっとウケます。

 

 

3、光る扇風機 LEDつき

コレです!!! USBで接続できます。

最近の機材には座席にUSBが付いているのが多いので、フライト中にも使えるオモチャです。

1時間くらい遊んでくれます。 くるくる扇風機が回るのですが、LEDのライトがランダムにピカピカ光ってくれて、
ボーーーーっとみてくれます(笑)。

ライトもいろんな模様を描いてくれて、大人がみてても面白いです。

 

 

 

4、ジェルステッカー <イチオシ!>

これには本当に本当に助かりました。

1時間くらい遊んでくれました。

私の座席、トイレの近くだったのですがトイレ待ちの外国人レディーたちに
「あら!!これはなんて素晴らしいアイデアなの!!」

と褒められました。
「どこで買ったの?」
「剥がしやすい?」

と、質問ぜめになりました。(笑)

ジェルステッカーとは、プックリした、グミキャンディみたいな感触のステッカーです。
北欧がどうやら発祥の地らしいです。(詳しくは知りませんが、、)

飛行機の窓にペタッと貼れます。剥がすのも簡単、跡も残りません。

窓に貼るだけではなく、メガネに貼り付けて遊んだりすると
子供はとっても大喜び!楽しいみたいでキャッキャ笑ってくれます。

 

少しでも時間を稼ぐ工夫をすると良いです

せっかく用意したオモチャたち。
すぐに開けて遊ぶのではなく、どうにか時間稼ぎをしたくはないですか?

長いフライト、子供にいかに飽きさせないのがコツですから。。。。

できれば箱はラッピングしてください。

北欧デンマークの雑貨チェーン店、ソストレーネグレーネに面白いラッピングが紹介されています。
子供のフライト用プレゼントに、北欧アイデアのラッピングはいかが?

DIY – ギフトラッピング YouTubeビデオ

DIY –   イラストを使ったラッピング

2歳の子供でも、プレゼントを開けるのはワクワクするようです。
このようなラッピングで子供の注意を引き、盛り上がりましょう!

子供にラッピングを取らせてあげます。
2歳の子は上手に剥がせないでしょうから、親御さんが手伝ってあげます。

が、
じわりじわりと、わざと遅くゆっくり剥がしましょう。(笑)

 

BOTTOM LINE

定番の絵本やアプリを利用する手もあるのですがあえてオモチャだけをセレクトしてみました。良いフライトができますように!