おっ北欧|子連れ旅行&北欧情報

おっと思った北欧ステキ情報を現地北欧デンマークからご紹介。時々子連れ旅行情報も。

デンマークのイクメンパパにインタビュー。北欧の父親、仕事と育児のお話しブログ

time 2017/07/11

デンマークのイクメンパパにインタビュー。北欧の父親、仕事と育児のお話しブログ
0 Shares
(Last Updated On: July 11, 2017)

北欧のイクメン、父親がどのように育児に参加しているのかお話を聞いてみました。インタビューに応じてくれたのはクリストファーさん。奥さんのケイトは、今2人目の子供を妊娠中です。2人とも30代前半とお若い。2人には現在3歳になる男の子がいます。

 

sponsored link

イクメンパパの一日のスケジュール

6:15 起床
7:15 出勤 40分運転して会社へ
8:00 勤務開始
16:00 勤務終了
17:00 帰宅 奥さんが料理をしている間子供と遊ぶ
18:00 夕食

19:30 子供就寝

23:00-00:30 クリストファーさん、ケイトさん就寝

 

彼はスタートアップの会社(新しく立ち上げられた会社)で、ロジスティック(物流)関係の仕事をしています。ほぼ午後5時には帰宅し、息子と遊ぶのを楽しみにしています。そしてあと数ヶ月後に第2子が産まれるので、父親である彼も育休を取ります。新しく産まれる赤ちゃんと今いる息子と時間を過ごすのをとても楽しみにしています。

 

会社がちょっと遠いのがネック

1つネックをあげるとしたら会社が遠い事。毎日40分の運転は面倒だと思う事もあります。が、彼は仕事をとても楽しんでいるし良い上司、同僚に恵まれているので勤務自体は苦痛ではないそうです。

ただやはり、日中の事はほとんど奥さんのケイトさん任せになってしまいます。子供の保育園の送り迎えは全て彼女ですし、病院に行く時もケイトさんです。ケイトさんは今学生で、現在は学校のカリキュラムの1つとしてインターン生としていわゆるオフィスワークをしています。

クリストファーさんの会社でも育児休暇などはもらえます、なにか子供にあれば会社に休みをもらい1日子供に付き添う事もできます。

「残業するのは良くない」と上司

クリストファーさんは言います。父親である彼が気持ちよく勤務できるのも、会社と上司の理解があるから。これがないと、父親が仕事と育児、両方やるのは難しいと言います。
彼の上司は、「残業する事は好ましくない」と言うそうです。そういうホワイトな考え方の上司の下で働いていると当然、定時でも帰りやすくなり、その会社への感謝の気持ちも増え、よく頑張って仕事したくなる、、、、いい循環です。

会社が社員のことを信頼しているというのも大きいです。タイムカードはありますが会社側は細かく調べません。

会社が従業員5人しかいない小さい会社ならではかと思います。仕事を何時間したか、より仕事の達成度の方を重視します。

 

残業もあるし、休日勤務もあったりします

それでもやっぱり仕事をする上、残業をしないといけない日もあるそうです。そんな時はあまりオフィスに残らず仕事を家に持ち帰り、子供が寝た後に自分のパソコンでするようです。夏休みでも、緊急で何かあった場合の時のために会社用の携帯はすでにONになっています。ただ、彼は電話は社長から以外はとらず、テキストメッセージで連絡するように言ってあります。

よっぽどのことでない限り電話口にでたくないですからね。。

 

育児はかわりばんこ。親だって遊びに行くべき

クリストファーさんとケイトさんは、育児はかわりばんこと言います。ケイトさんが遠く離れた友人に会いに行く時はクリストファーさんがすべて子供の面倒を見て、またクリストファーさんが泊まりがけでコンサートに行く場合はケイトさんが見ます。母親だからいつも家にいないといけない、、ではなく、お互いのやりたい事を尊重しそれに合わせる事が必要だと。彼らは子供もいる親だけど、それと同時に1人の大人として、友達とあったり遊びにいくことも必要だといいます。

ちなみに、クリストファーさんは料理も洗濯も掃除も全てできますし、これはデンマーク男子では割と普通の事です。

平日もっと料理したいけど、仕事と通勤で時間がなかなかとれないのが残念です。

 

BOTTOM LINE

デンマークで父親が育児に多いに参加できる一番の理由、それは社員を雇っている会社がそれを応援していること、父親の育児参加は当然と思っていることだと思いました。

日本でも会社側、特に上にたつ人が意識を変えて行けば父親が家庭に入る事がもっとでき、うまく育児が立ち回るはずです。簡単なことではないけれど、だんだんとそうなってくれることを願います。

その他オススメ記事

(Visited 335 times, 1 visits today)
0 Shares

sponsored link

スポンサーリンク

フィンランドのベビーBOX

北欧っぽいガスコンロ新発売

北欧雑貨ショップ

運営者プロフィール

SKと言います。北欧はちょっとマイナーな国、デンマーク在住です。仕事に家事に育児にバタバタ、忙しく暮らしています。夢にみるのは日本の温泉と食べ物、里帰りが待ち遠しいです。

投稿日

February 2019
M T W T F S S
« Jan    
 123
45678910
11121314151617
18192021222324
25262728