おっ北欧|子連れ旅行&北欧情報

おっと思った北欧ステキ情報を現地北欧デンマークからご紹介。時々子連れ旅行情報も。

子連れヨーロッパ個人旅行、ホテルかアパートメントどちら良い?自分の悲劇をお話しましょう

time 2017/06/24

子連れヨーロッパ個人旅行、ホテルかアパートメントどちら良い?自分の悲劇をお話しましょう
0 Shares
(Last Updated On: June 25, 2017)

ヨーロッパに個人旅行でいらっしゃる方も多いと思います。特に子連れ旅行の場合、いろいろと考えないといけないことがありますよね。泊まる場所、ホテルにするかアパートメントにするか、迷っている方がいらっしゃいますか?

私は一時、アパートメント滞在ばかりしていましたが、去年、とある旅行先で悲劇が起こりまして今はもっぱらホテルです。
今回はそのお話をしましょう。。。。

泊まった部屋です。素晴らしい内装、ロケーション、広さだったんですけどね。。。

sponsored link

アパートメント滞在はやめておいた方が無難です

もし子連れでヨーロッパ旅行を考えている場合、また、言葉や旅に不慣れの場合。結論から言わせてもらうと、ヨーロッパでのアパートメント滞在は避けた方が無難かと思います。

なぜオススメできないかというとアパート滞在はちょっと難易度が高い気がするからです。子連れ旅行の場合、できるだけ負担をかけず、スムーズに旅行ってしたいと思うんですね。その点、

理由は主に2つ。

1)ヨーロッパのアパートはカギの開け方が複雑で難しい。疲れてて部屋に入りたいのに入れない、この焦りは想像を絶します。

2)万が一、自分や子供が急病になったりしたら、自力で病院を探し出しタクシーを呼んで行くのが大変

次の章で詳しくお話します。

バルセロナの悲劇

去年、日本の両親が遊びに来たので子供を連れて、皆でバルセロナに旅行に行きました。父がネットでアパートメントを予約しました。繁華街にある、とても便利で高級なアパートでAirB&Bではなく管理会社が運営している物件でした。いやーそこがひどかったです。物件自体は広くて高級で文句ナシだったんですけどね。どこがひどかったというと。。。

チェックインに1時間以上かかりました

そこは管理会社が午後5時に閉まるのでスタッフはいなくなります。夜に到着した私たちは、自力でセキュリティを通りアパートに入らないといけませんでした。セキュリティといっても機械相手です。メールでもらった暗証番号を入れて(それがまた長い番号、)カギを開けて、ビルの中に入ります。最初うまく入力出来なくて(機械の反応が鈍く?)何度もトライして、ようやくロビーのドアが開きました。開かなかったらどうしよう、という焦りがでてくるのって嫌な気分です。。。。

さて、建物の中に入りました。ロビーからチェックインカウンターのある3階へ行かないといけません。
しかしそこは古い建物で、なんとエレベーターが1人用(!)。私たちは大人3人、子供1人+大きな荷物もち。全員乗れないので3−4回に分けてチェックインカウンターの階まで行きました。エレベーターは遅く中は暑かった、、、。

チェックインカウンターは閉まっているので横に備え付けてあるコインロッカーを開けて部屋のカギをゲットしないといけません。そのコインロッカーがまた開けにくく、何回もトライしてようやく空きました。背中に子供をしょって、スーツケースをゴロゴロ転がして、汗びっしょりですよ。まるでドラクエのレベルをクリアしていくかのように、いくつもの難関を突破して、やっとこさロッカーを開けて、カギをゲットしました。カギが黄金に輝いていました。。。

信じられないオチ

カギをゲットしたときは涙がでるほど嬉しかったです。今までアパートに入るのがこんなに困難だったことはなかったです。私たちは部屋へ急ぎます。
ドアの前で、番号を確かめて、がちゃがちゃやりますがドアが開きません。???? なんで? どうやってもだめです。

仕方なしに、緊急ラインに電話。アクセントのこれまた強い女性がでて、話にくく、ちょっとストレスでした。でもやっと原因が解明しました。その理由はなんと!

ビルが違います

は???? どゆこと???? そこの管理会社はいくつものアパートを経営しているようで、私たちの部屋は通りを挟んだ向いのアパートだということ。

聞いてないよ!!! 怒りましたよ。一言も書いてないんですもの。普通、カードキーもらって202って書いてあったら今いる建物の202号室と思いませんか? なにをどうしたら「いやまてよ、これは別の建物の202号かも。」って普通思いませんてば。それをつっこむと、電話口の彼女、「あら、ごめんなさい、そのメモ帳書いてロッカーに入れたと思ったんだけど、忘れたかしら?」
でました外人の全く悪気もない態度。キー!イライラしながら、エレベーターを3往復して下におり、言われた建物に向かいます。

子供は機嫌が悪くなってきています。。。そりゃそうだよね。。。

 

極めつけ、40ユーロ請求された

汗びっしょり、疲労、空腹、、、こんなに部屋に入るのに苦労したのは人生で初めてです。なんという罰ゲームでしょう。子供は疲れてグズりだしました。 私も焦ります。あーごめんね早く部屋に入りたいよねえ、、

正しい建物に入ります。
ガッシャーーーーン!!! うわー!!

私、建物に入るとき、そこに段差があるのが見えずに思い切り足を引っかけました。スマホが勢いでポケットからでてしまい、地面に落ちてしまいました。

幸い壊れなかったものの、イライラMAXです。なんでこんなとこに段差があるのよ!!!!! ああ、子供を一緒に背負ってなくて良かったです。2人ともケガしてかも。

死神に呪われるってこういうことなのかな、と思いながら部屋の前に到着。
やっとカギが空きました!!! とりあえず両親子供を部屋に入れ、私は残った荷物を取りに行きました。すると、子供が私と離れたくないのか部屋から廊下まで出て来て、それを母親が追いかけて来て、、、 バターン!!! 玄関のドアが閉まってしまったのです。ガチャ!とロックがかかりました。

 

え???

 

カードカギは、部屋に残ったまま。私たちは、全員廊下にいます。

。。。。。  ええええええええええええええ!!

そう、私たち全員、廊下にいたまま、部屋に入れなくなったのです。

多分、この日は私の最近の人生で5本に入る悪夢な日でした。何をするにもハズレる日ってありますよね。この日がそうでした。

脱力感、絶望感、空腹感にみまわれた私たち。また、緊急ラインに電話して状況を話すと、スペイン人のお兄ちゃんがスクーターで合鍵を持って来てくれました。はい、それで40ユーロ請求されました。

子供は大泣き、予定外のお金はかかる、体力は使う、精神は疲れる。この日、アパート滞在はもう一生しないと私は誓ったのです。

アパートメント滞在の場合、たった1つの条件が大事です

もちろん、アパートでも大丈夫な場合もあります。それは

*24時間管理人スタッフが常備していてチェックインカウンターがオープンしている

場合のみです。やっぱり「人がいる」ってものすごい強みだし安心です。いつの時間にチェックインをしても大丈夫ですし、いざ、なにかあっても対応はしてもらいます。どうかこの1つの条件は大事にとらえてアパート探しをしてみてください。

この条件をクリアしたアパートが見つければ、ホテルとは違い広々とした場所にステイできるので快適になるでしょう。料理もできます。。。。とはいっても、実際は料理する時間も余裕もないし、調味料などもないので外食またはテイクアウトになるかと思いますが。。。

 

BOTTOM LINE

段差でこけた&部屋に入れなくなったのは自分の落ち度でしょうが、もういろいろテンパりましたね。。。あの時は
後ほど、アパートメントのレビューをみたら「部屋に入るのが困難すぎる!」って他の外国人もクレーム書いてました。だよねえ。

あ。ナポリでもアパートメントホテルの悲劇があったので、次回またお話します。。。涙(もういや)

その他オススメ記事

(Visited 355 times, 1 visits today)
0 Shares

sponsored link

スポンサーリンク

フィンランドのベビーBOX

北欧っぽいガスコンロ新発売

北欧雑貨ショップ

運営者プロフィール

SKと言います。北欧はちょっとマイナーな国、デンマーク在住です。仕事に家事に育児にバタバタ、忙しく暮らしています。夢にみるのは日本の温泉と食べ物、里帰りが待ち遠しいです。

投稿日

March 2019
M T W T F S S
« Feb    
 123
45678910
11121314151617
18192021222324
25262728293031