裏も表も知っている、ってどいうこと??

物騒なタイトルにしてしまいましたが、、、、
外国って住んでから初めてわかることもたくさんあります。

予想外のことやガイドブックやインターネットにはあまり書かれていない情報
聞いてないよ!と現地についてから知ったこと、、、、

自分の体験したいい経験悪い経験どちらも含め、
現地、デンマークに住む私から正直で直球なアドバイスを書きたいと思います。

さて、北欧旅行というと、たぶん、周遊する方が多いかと思います。フィンランド、スウェーデン、デンマーク、ノルウェー。正確に言うととうやらフィンランドは北欧ではないらしいのですが、ここではひっくるめちゃいますね。

これから北欧旅行に来たいな〜と思っている日本人のみなさんの手助けになれば幸いです。

 

北欧旅行のベストの時期は?

春、夏がベストです。

冬だと夏に比べて太陽が出ている時間が極端に少ないので(6時間くらい減ります。)
観光できる時間も短くなるのでお得感がない気がします。

くわしくはこちらの記事に書きましたので参照してください。

>>>デンマーク旅行、北欧旅行のベストシーズンは?!

北欧旅行、ツアーの選び方。大事なポイントはココ!

北欧の国は地理が近いといえど効率よく回るならツアーをおすすめします。

海外旅行のJTBは様々な北欧ツアーがあるのでのぞいて見てください。現在、先取り福春セール実施中のようです!

3食付きのツアーで来られることを心の底からお勧めします。

なぜか?  それは、北欧での外食はコストパフォーマンスが悪いからです、、、
北欧での外食は値段はとても高い。夕食は一人 安くて2000円、3〜4000円以上コースが普通。
いえ、値段が高くてもサービスと味が素晴らしければお金を払う価値がありますが、北欧のレストランはサービスも味もそこそこです。

あんまり記憶に残らない味が多いです。もう一度食べたい、あの味は忘れられない!という体験をしたのは私、数年デンマークに住んでいますが1回くらいでしょうか。

(日本の外食は味ヨシサービスヨシが多いので逆に安すぎると思います。)

3食付きが見つからなければせめて朝食と昼食は付いているツアーにしてください。
北欧人は昼食に対する思いがめちゃくちゃ薄いんです。

 

彼らにとって昼食は「ただお腹がいっぱいになればいい、野垂れ死しなければいい」くらいのステータスしかないので
日本では普通にある「日替わりセット、ランチメニュー」というのが滅多にないです。

食事なしツアーで行っていいのは食事が美味しい国か物価の安い国くらいと思います。
北欧はその2つ、どちらにも当てはまりませんからね。。。。

食事には極力時間と労力とお金を使わい方がいいかと思います。

 

最初は添乗員つきツアーが安心

英語に問題がない方は個人旅行でも、フリープランでも全く問題ありません。

英語に自信がない方は添乗員付きが良いかと思います。

自信があるかどうかの判断の材料は、「トラブルにあったら自分で処理できるかどうか」と私は思っています。

北欧、基本的には安全、、、いいたいところなのですがスリや置き引きは頻繁にあります。
もし、あなたが被害にあった場合、一人で対処できますか?

(数日前、デンマーク大使館から注意のメールがありましたのでシェアします)
 

注意喚起:スリ、置き引きにご注意ください。
現在、コペンハーゲン市内において、旅券や貴重品等を盗難に遭う被害が、多数発生しています。チボリ公園や中央駅周辺の繁華街のほか、コペンハーゲン国際空港から中央駅に向かう電車内で被害に遭う事例も頻繁に発生していますのでご注意ください。

 

 

北欧に来たら是非やってみて欲しいこと

町歩き

北欧旅行での醍醐味は町歩きだと思います。
石畳の道を歩き、普通にたくさん経っているレンガ作りの歴史の古そうな建物を見ながら、
散歩に出てください!

日本では出会えない北欧デザインが街のいたるところにあります。

街並みは綺麗なので、なかなかの癒しにもなりますよ。

ベーカリーやカフェ巡り

食事はまずいですが、パンや北欧、美味しいです。
日本のパンに比べるとずっしりと重い、黒っぽいパンが多いのですが
外はカリっと中はもっちり、が多いです。

素敵なインテリアのカフェを見つけたら入ってお茶して
北欧の空気を楽しんでください。

 

布屋さん・手芸屋さんをチェック

可愛い北欧デザインの宝庫です!布の柄はたくさん種類がありますのできっと気にいるものが見つかるかと思います。

地元のスーパーに行ってみる

普通のお土産さんにはない、マニアックなお土産や掘り出し物が見つかる可能性ありです!

>>>デンマークの珍しいお土産はここで買う!子供やコレクターさんにいかが?

 

北欧旅行、お金はどうする?

スウェーデンクローネ、デンマーククローネ、ノウェジンクローネ、ユーロのフィンランド。

クローネでも使われている通過がちょっとだけ違う、ある意味面倒臭い北欧の国。

ズバリ言いますが、北欧旅行に現金を持っていくのはナンセンスと思ってください。

北欧で現金は化石となりつつあります。
100円相当の買い物でもクレジットカードを使います。どこ行ってもカード。

この記事でも書きましたが(私の実体験です)

>>>現金が消える日も近いのか、デンマーク。実際に起きたお話をします 現金廃止の北欧

 

ヘタをすると食事が買えない!なんて笑えない話も出て来そうです。

じゃあどうすればいいのか、というと、、、、やっぱりクレジットカードを使うしかないです。

ちなみに北欧の店ではクレジットカードを使う時の手数料はほぼお店もちです。
もし、お客の方が手数料を払うお店があれば機械のところに注意書きが書かれているはずです。
「クレジットカード手数料としてプラスXXクローネかかります」、と。

でもそんなお店は1回くらいしか出会ったことないですね。。。
クレジットカード手数料が客もち、というのはかなり、極めて少数派と思って大丈夫です。安心してカードを使ってください。

 

私はJAL派なのですが、JALからのクレジットカードはマイルもうまく貯まりますので
北欧旅行の時にご一緒にどうぞ。12/28までキャンペーン実施中です!
JALカード

ちなみに、北欧旅行だと直行便はJAL&フィンエアーがヘルシンキに、スカンジナビア航空がコペンハーゲンに飛んでいます。
安いツアーだと南回りのエアラインであるカタール航空でフライトする場合が多いかもしれません。

フィンエアーもカタールも同じOneWorldというアライアンスなのでマイルをJALで貯めることができます。

BOTTOM LINE

まとめると、北欧ツアーを決めるコツは 食事が付いているか、と北欧でも使えるクレジットカードを用意することが2大重要ポイントとなります。そのあとは個人の好みで行きたいところ、見たいところを周ってください。素敵な旅行になりますように!

海外旅行のJTB