私の子供は現在保育園に通っています。毎日、朝のおやつとランチが育児代に入っています。はい、デンマークでは保育園、幼稚園は有料です。

間違った理解? デンマークの福祉、全てがタダではないよ!

一体どんなものを食べているのか、ちょっと興味ありませんか?…とある1週間のメニューを発表したいと思います。

関係ない写真ですが、これ、なんと夜の9時半に撮った写真です。北欧の夏はいつまでも明るいのです。。。

これが保育園のメニューだ!

ある1週間のメニューです。

月曜日 朝:オートミール+レーズン
昼:雑穀オートミール+イチゴ、マンゴー
おやつ:黒パン+タラ魚のトッピング+ジャガイモ+黄色いペッパー野菜スティック
火曜日 朝:オーロミールとリンゴ
昼:魚ラザニア+人参サラダ
おやつ:ロールパン+チーズ、キュウリ、果物
水曜日 朝:オートミール+デーツ
昼:インド料理のひよこ豆スープとナン+ヨーグルトときゅうりのソース
おやつ:パン+レバーペースト+赤かぶとフルーツ
木曜日 朝:オートミール+リンゴ
昼:ハンバーグ+フェタチーズ、じゃがいも、ほうれん草、トマトソース
おやつ:ロールパン+フルーツ
金曜日 朝:オートミール+リンゴ
昼:黒パン+ペーストに残り物
おやつ:パン+クリームチーズ、果物

 

デンマークの保育園は1日4回食事がある

保育園では1日4回食べます。

朝7時。 デンマークの保育園は朝は6時からオープンしています。早くやってくる子供達は保育園で朝食を食べます。
朝9時過ぎるとほぼ全員登園するのでみんなそろって黒パンと水をたべます。(黒パンはデンマークの国民食です。この件についても、将来記事に書いてみますね。)黒パンにはバターもなにもつけず、そのまま半分に切ったものを食べます。飲み物は水。

午前11時にランチを食べます。

午後2時に有料のおやつを食べます。

保育園のランチ事情@デンマーク

保育園によりますが、場所によっては保育園でコックさんがいて毎日そこで料理するところとケータリングでランチが運ばれてくるところがあります。

私の子供の保育園はキッチンがついていて専属のコックさん(おばあさん)が毎日ランチと午後のおやつを作ります。
この保育園を選んだ理由の1つは、こうやって毎日新鮮で暖かい食事が食べられるからです。やっぱり子供には食べ物の美味しさを知ってもらいたいです。

食生活はシンプルです

デンマークを始め、おそらく北欧の国は全部そうだと思いますが(間違ってたらすみません、訂正します!)北欧の人々は食に関して多大なる情熱や興味はありません。ちょっと乱暴にまとめると「生きて行くために食べればOK」でしょうか。。。。。

それでも、私の子供の保育園は毎日暖かい食事が食べられるだけ良いのかもしれません。 友達の子供は毎日ケータリングで、時々冷めた食事を子供たちは食べているそうです。

そしてデンマーク人は基本的に料理もあまりしません。冷えた食事に抵抗がないです。冷蔵庫からそのまま取り出したキンキンに冷えている物を普通に食べます。イタリア人やギリシャ人のお母さんとも話をしますが、そういった美味しい食事の国から来た人からすると、デンマークの食事事情は「ありえない」そうです。^^;

ただ、今の若いデンマーク人たちはもっと世界に旅行に行っているし、外国人もデンマークに増えてきています。良い意味で刺激を受けている部分もあるので、食に対する意識もだんだんと変わってくることを期待しています。^^

 

BOTTOM LINE

北欧は福祉が整ってて生活の品質が高いと思われがちですが、意外に食生活は貧しいです。でもあんなシンプルな食事なのにガタイがいい人が多い。まったくもって不思議です。^^;;