おっ北欧|子連れ旅行&北欧情報

おっと思った北欧ステキ情報を現地北欧デンマークからご紹介。時々子連れ旅行情報も。

北欧の別荘ってどんなとこ?北欧では普通に持っているてホント? 別荘のはなし

time 2017/06/07

北欧の別荘ってどんなとこ?北欧では普通に持っているてホント? 別荘のはなし
0 Shares
(Last Updated On: June 8, 2017)

前回の記事からのスピンアウト的な記事になります。
タイトルには別荘と書きましたが、正確に言えばガーデンハウスみたいなものです。デンマークには休憩ができるガーデンハウスと庭がセットでレンタルできるシステムがあります。

デンマーク語ではコロニーヘーヴ(植民地の庭)といいます。

このレンタル庭のシステムは、どうやら他の北欧の国でもあるみたいですね。

今日は私の義母のところにご案内します!どうぞ中に入ってください〜!

 

sponsored link

レンタル庭の定義

義母がレンタルしている庭の場合ですが、これは市が貸し出しています。対象はアパート住まいで自分の家に庭がない人。そんな人でも低価格で庭のある生活を楽しめるようになっています。
割と普通に多くの人がレンタルしています。学生はさすがに借りている人は見た事はありませんが、普通の収入のある若夫婦から老人まで大人気です。

ガーデンハウス

ガーデンハウスもデザインがそれぞれ全く違っています。人に寄っては自分で建ててしまう人もいます。このガーデンハウス、別荘というにはそこまで完璧に機能はしません。義母のハウスは水はありますがお湯はでません。シャワーもありません。

デンマークにはあちこちにレンタル庭があります。時々電車や車、バスからも見えます。もし、区切られた庭に小さな小さなガーデンハウスのようなものがあり、密集していたらそれはレンタル庭でしょう。

ルールはそれぞれ地区によって違う

ルールはその地区によって違います。例えば、場所によっては買い取ることもできます。以前インタビューしたペニリさんは買い取って所有しているそうです。(ちなみに購入したお金がどこから出たかというと、、、、以前彼女が住んでいたアパートのオーナーがその部屋を売る事を決定したそうです。テナントとして住んでいたペニリさんは急遽出て行かないといけなくなったため、オーナーが彼女にお金を払って対応してもらったそうです。そのお金でレンタル庭を買ったそうです。こういうことってあるんですねえ。)
学生ママに聞いてみた。育児と学業が両立について

レンタル庭に住んではいけないことになていますが、隠れて寝泊まりしている人もいます。(笑) ハウスによってはシャワー・トイレ完備のところもあるので宿泊するには本当は問題はないのです。

これがデンマークのガーデンハウスです!

ここが義母の箱庭です。真っ赤な色のかわいいガーデンハウスに広々とした庭があります。

ブランコも。

利用できる時期が決まっている

義母の箱庭は利用出来る時期が決まっていて、4/1〜10/31までです。春、夏、秋。冬は水道の栓を市が止めてしまい、ヒーターも止まるので利用ができません。

北欧の短い夏を最大限楽しむかのように、箱庭のレンタル者は毎日のように通います。そして、長い冬があけると、あと何日で箱庭がOPENするのよ!と楽しみにしています。

 

レンタル期間は制限なし

義母のところはレンタル期間に制限はなく、料金を支払っている限り何年でも借りられます。そして、彼女がストップしたい場合は、その親族が優先的に引き継ぎすることができます。

私と夫は、今のところ正直いって箱庭を引き継ぎしたいとは思っていません、、、^^;
庭の手入れが大変なんですよ。夏なんて1週間も放っておくと庭の芝生がぼうぼうになります。そして家屋だってメインテナンスが必要、壊れたらなおさないといけない。私たちはそこまでアウトドア派ではないので、レンタル代を払ってまでキープしたいと思わないのが正直なところです。

しかし、将来はどう変わるか分かりません、突然箱庭に目覚めるかもしれないですし!

キッチンもついている

ハウスにはキッチンがついているので、軽い食事なら作れます。ハウスからでたゴミは、地区にゴミ集積所があるので毎週決まった日にゴミを自分で持って行きます。

数百個(!!)のリンゴがなる木

私たちの一番のお気に入りは、何と言ってもこの大きなリンゴの木です。今は初夏なので身はなっていませんが、9月〜10月頃になるとなんと数百個のリンゴがなります。たしか前は600個だったかな?

私も最初信じられなかったのですが、義母が1つづつもぎ取って数えたらしいです。収穫の時期になると、義母がリンゴを集めジュースにします。本物の100%純正、オーガニックジュースです。ものすごく蜜が濃くて最高に美味しいんですよ。

今年の秋、ジュースをゲットしたら写真をこのブログに載せますね!

またはリンゴパイやリンゴジャムを作ります。この時期はリンゴリンゴ、、、、リンゴのオンパレードとなります。ご近所にもお裾分けしたり、友達が遊びにきたら(無理矢理)もらってもらうのですが、(^^;) それでもさばききれません。

何か良い方法はないですかね〜?

 

木も休憩する

ただし不思議なもので、このリンゴの木は毎年リンゴは豊富にはなりません。1年おきなのです。例えば今年が豊作だったら翌年は数が少なくなります。そしてまた翌年、豊作になる、、、と、おそらく休憩をとっているのでしょう、交互に身をつけるのです。

 

ガーデンハウスでは何をしてるの?

皆ゆっくりと過ごします。思い思いに好きな事をします。読書、ネットセーフ、日光浴、昼寝、、、 そんな事、自宅でできるやん!とツッコミたくなりますが、「外にいることができる」がミソです。ズバリいうと北欧人は太陽の日に飢えています。あまり太陽がでる国ではないので、少しの光でも吸収したいのもあるかと思います。

義母のガーデンハウスにはインターネットもあるので、私は時々庭でブログを書きます。幸せのひとときです。(^^)

夏は湿気もなく毎日爽やかです。このさわやかな空気を、ほんと、パイプでつないで日本に送りたい!と考えてしまいます。北欧の夏は最高ですので、旅行を検討されてる方は7−8月に是非訪れてください。

 デンマーク旅行、北欧旅行のベストシーズンは

このような森の中を通ってガーデンハウスに行きます。空気が爽やかでとても気持ちいいです。

BOTTOM LINE

夏の北欧生活といえばこのガーデンハウスは外せません。日本人は温泉を愛す。北欧人はガーデンハウスを愛す。みたいな感じに、生活と文化に深く関わっています。機会があれば遊びに行ってみてください。

その他オススメ記事

(Visited 262 times, 1 visits today)
0 Shares

sponsored link

スポンサーリンク

フィンランドのベビーBOX

北欧っぽいガスコンロ新発売

北欧雑貨ショップ

運営者プロフィール

SKと言います。北欧はちょっとマイナーな国、デンマーク在住です。仕事に家事に育児にバタバタ、忙しく暮らしています。夢にみるのは日本の温泉と食べ物、里帰りが待ち遠しいです。

投稿日

February 2019
M T W T F S S
« Jan    
 123
45678910
11121314151617
18192021222324
25262728