夏の風物詩となっている北欧、ヨーロッパの野外フェス。6−7−8−月と、いろいろな場所でイベントが開かれています。

デンマークの我が家の住む町でも、週末にイベントが開かれました。おそらく3万人くらい来たと思います。

さて、そんな中町のショッピングモールでは意外なモノが売り切れになっていました。それは、、、、、

 

え、これが売り切れたの?!

これです!!!

 

そう、長靴なんです!靴屋の入り口にこうメッセージがありました。
「長靴は売り切れです。」

しかしなんでまた!? つぎの章で理由が明らかになります!

その理由

私も始めどういうこと?と思いました、、、

この野外フェス、初日に雨がどさーっと降ったんですね。翌日も結局は土が絡まらず、もうそれはそれはぐっちゃぐっちゃになったようです、、、。

おそらくフェスに参加したのであろうアパートのお隣さん。靴がぐちゃぐちゃですね。。。

 

野外フェス、意外な持ち物アドバイス

アドバイスとして、北欧またはヨーロッパの野外フェスに参加予定の方。

雨具は必要

念のため雨具は持って行った方がいいかと思います。

長靴も可能なら持って行ってください。確かに重いし場所を取るんですけどね、もし大雨でも降られたら大変ですよ〜、、、。
現地で調達してもいいけどこのように売り切れになるかもしれないし、もし土地勘がないならお店を探すのもひと苦労かもしれません。

応急処置として、ビニール袋を履いてしまうという手もありますが。

 

防寒具も必要

フェスティバルは夜中の2〜3時頃までやっています。北欧は以前書きましたが陽が沈むとぐっと寒くなるので大げさ?って思うくらいの防寒着を持って行きましょう。
 北欧旅行のベストシーズン
天気が良いと最高な季節の北欧なのですが、いつ、なんどき激変するかわからないのも北欧の天気。非常にあまのじゃくなんです。^^;
日本とは全く違う天気なので、しっかり準備をして楽しんでください!

 

チューイングガム

フェスに参加したことのある友人いわく、ニンニクがきいた食べ物が屋台にでる場合があるので、口の中をリフレッシュさせるグッズがあったほうがいいとのこと。(ガムやうがい薬など)

 

サングラス

先ほどの雨具とは真逆のアドバイスになるのですが、雨が降ってもすぐに晴れる場合も多いです。せっかくのアーチストの演奏が見えやすいよう、日射しがさしても目が痛くならないよう、サングラスを持って行って損はないかと思います。

 

BOTTOM LINE

結構いろいろな準備が必要ですが、是非楽しんでください!一生忘れられない思い出となるかと思います。