デンマーク旅行、北欧旅行のベストシーズンは?!

日本人出国総人数は年々あがってきています。 日本旅行業協会のサイトから調べてみました。 2014年の統計では北欧ではフィンランドが一番の102,154人。次にスウェーデン42,949人となっています。 デンマークとノルウェーは50番以内に入っていませんでしたが、おそらく日本人旅行者はどんどん増えてきていると思います。みなさんデンマークに来て〜! 引用:https://www.jata-net.or.jp/data/stats/2016/06.html   6月中旬〜8月中旬がベスト! 夏にきて! 一番オススメの時期は夏です。心底オススメします。 具体的に6月後半~7月、8月半ばまで。8月中旬過ぎたら肌寒くなります。9月に入ったらもう秋です。 是非、6、7、8月中旬。この2ヶ月半のゴールデンタイムの間に北欧に来てください!!!!! その理由を述べて行きます。   自然のクーラーが気持ちいい!! 理由ナンバーワンはこれです!自然のクーラーを楽しめるという事。平均の夏の気温は25度前後です。 Tシャツ1枚で快適に過ごせます。暑くもない、寒くもない、まさにベストな気温で、観光にも適していると思います。 窓を開けると爽やかなそよ風が入ってきて、それはそれはとても気分がいいです。読書をしたり友達を呼んでおしゃべりしたり、開放的な気分になれます。 日本はここ数年猛暑でちょっと異常気象な感じがしますよね、、、。空気が暑いんですよね。そしてアスファルトの照り返し。本当に辛いです。(私が小さかかった頃は日本はそんなに暑くなかった気がします、、、) 北欧の夏は涼しくてでも寒すぎる、とても気持ちいいです! 日本とは全く違う夏の過ごし方を体験できます。ああ夏ってこんな爽やかだったんだ、と実感します。 ただし、陽が暮れるとブルブルと肌寒くなります。長袖のアウターは必ず持ってきてください。北欧は夏でもTシャツでいれるのは午前〜午後5,6時くらいまでです。また、海水浴も水は冷たすぎて大抵の日本人は無理かと思います、、、現地人は普通に泳いでいますけど。^^;  水温は寒中水泳ばりに夏でも低いです。(夏にヨーロッパで泳ぎたいのならやはり地中海ですね!) 夏の海、水は冷たい!  まだ息子が赤ちゃんだったころ、夏には森を散歩しました。空気が爽やかで、子供もほんとよく寝てくれました。   ビールや食べ物が美味しくなる。 夏はやっぱりビール!ワイン!という方も多いかと思います。デンマークはビールが安く、水と同じくらいかそれよりも安いです。(数少ない安く買えるものです) 夏は皆ビールやワインを手にもって公園に行きます。ビニール製のピクニックシートという概念がなく、タオルケットや薄いブランケットを芝生の上に敷き、ゴロンと横になってカップルはイチャイチャしたり、読書したり、BBQしたりそれぞれ過ごします。トップレスは見かけませんがビキニ姿になります。 夏場は野菜や果物が美味しくなる時期です。北欧ではイチゴ、ブルーベリーが甘くなりよく採れるので是非食べてみてください!スーパーで安く買えます、500gで300~400円とか。   旅の醍醐味の1つ、マンウォッチングができる 旅にでると、マンウォッチングしませんか?ゆっくりとカフェの席に座って、行き交う人を見る。異国の地でここに住んでいる人はどんな生活してるんだろう、どんな服装してるんだろう、と考えながらぼんやりと人を見る。とても楽しいひとときだと思います。北欧では夏のカフェは大人気、夏場は多くの人が楽しそうに歩いています。夏は、マンウォッチングができるベストシーズンです! 人々はみんな笑顔でゴキゲン♡ デンマーク人人生で好きな物の1つ、、それは夏です!!! 夏が1年で一番好きという人がとても多いです。もう、1年間、夏がくるのをじっと待っています。 そして夏になったら皆この時期はテンションがあがりまくります(笑)。弾けます。 毎日サンサンと降り注ぐ太陽が気持ちいいのでしょう。(でも、人の精神安定剤として、太陽の光って大事みたいですよ。) イベント盛りだくさん! 北欧では音楽フェスが夏に集中してあります。あちこちで開かれて、私の住むアパートからでも音楽が夜まで聞こえてきます。世界的に有名なアーティストも多く参加しますので、機会があれば是非! デンマークでの有名どころは6~8月にフェスティバルが行われます。 ロスキルド・フェスティバル ノースサイド スカナボーグ・フェスティバル ディストーション  とある夏の日の夕暮れ。ここ、スカナボーグというところです。夏には音楽フェスが開かれます。 白夜を体験できちゃう。 北欧の夏は1日がとても長く感じます。真夏は日が沈まず、うっすらと明るいのです。私は夏に日本にいくと夜でも真っ暗になるので逆カルチャーショックをうけました。北欧では夜はうっすらと明るいまま、そのまま朝がやってきます。そして早朝からもうピカピカに朝日が入るので、アイマスクはあった方が良いですよ。でないとちょっと寝不足になってしまうほどです。 夜がうっすらと明るいのは神秘的で綺麗なので、体験している価値アリです! たしか夜の10時頃に撮った写真です。 夏に来るデメリット では逆に、夏に来たデメリットもお話したいと思います。 注意!7月はデッドゾーン。お店と企業の休みが圧倒的に多い。 特に7月はデッドゾーンと思ってください。7月は、まるまる1ヶ月、よく国が機能するな?と不思議になるほど、会社とお店が空いていません。いえ、普通のスーパーは空いているのですからご安心を!問題はレストラン、カフェ、個人営業のお店などが夏休みモードに突入するということです。 普通にドアに紙が貼ってあり、「3週間夏休みに入ります。皆さんも素敵な夏を♡」と書いてあります。もちろん前から休業になるという連絡はしてあるのですが、もし、行きたいお店がある場合、そのお店が休みだったらばショックですよね、、、、。 ですので、狙っているお店、カフェレストランがある場合、夏に来るなら必ず連絡して閉店日をチェックしてください。わざわざ日本から来たのにお店が閉まっててガーン!!!という話はよくあります。。。 ホテルが高くなる ハイシーズンになるのでどうしてもホテルの値段はあがります。そして安くて人気のあるホテルはすぐに満室になるので、早めに、1~3ヶ月前からの予約を心がけてください。   道がおしっこ臭くなる、、、。 最後に、ちょっと夢を壊してしまうような言い方をしますが、、、実はですね、こっちの人。野ションベンを普通にします。いや、本当に、普通にするんでビックリします。特に夏には気分よくビールを飲みながら歩く。するともよおしてくる。キョロキョロ見渡して、都合の良さそうな草影があればそそくさと入って野ションベンをしますです、ハイ。 その時に偶然歩いているととても気まずい雰囲気になります…..。 ですから場所によるとおしっこの匂いがしたりします……。公園、町歩きのときは注意してくださいね。あんまり、キレイじゃない場所も結構あります。^^;;;;;   デメリットも書きましたが、それ以上に北欧の夏は素晴らしい部分がたくさんありますので、旅行にくるときは是非夏にいらしてください〜!

GWの北欧旅行。気候、服装、荷物、目からウロコのアドバイス

写真はとある3月の夕方。とても暖かい日でした。青い空が気持ちいい。 ゴールデンウィーク。北欧に旅行を考えている人もいらっしゃるかと思います。今日は、ゴールデンウィークに北欧に来る場合のアドバイスを書きたいと思います。 前回の記事では、夏がベストシーズンと言いましたが、ゴールデンウィークの時期でも北欧旅行することは問題ないです!天気もだんだん良くなるので、ラッキーだったら写真のような素晴らしい晴天に恵まれ気持ちよく観光もできるでしょう。 しかしですね。 天気はとっても予想しにくいです。 この時期だと急に雪になったり(!)、かといえば 暖かくなりジャケットが暑く感じたり。基本的に1日で1年の季節あるもんだと思ってください。(*ちなみに上の写真を撮った翌日は雨となりとても寒かったです、、、)   これが北欧のGWの時期の天気だ! 気温差が激しいのが北欧の天気です。まずこちらを見てください。デンマーク気象庁からのデーターです。(英語ページのリンクはこちら) デンマークの過去10年間の平均気温のグラフです。 ちょっと分かりづらいですが、GWの時期だとAPR~MAJのところを見ます。 日中の平均気温=15度 その日全体の平均気温=12度 夜中の平均気温=5度 平均降水量=30ミリ となっています。   夜は5度前後から日中は15度まで、実に10度くらいの変化がありますので、どの温度にも対応できる服装を用意してください。   春とはいえ、日焼け止めも必要 4月5月になると暖かくなり晴天の日もちょこちょこ増えてきます。ほんとに、急に暖かく(時には暑く)なったりします!そして陽が出ると紫外線が強くなるので、日焼け止めをしたほうが良いかと思います。 北欧の直射日光はキツいですよ、結構。サングラスもあると良いです。 飲む日焼け止め!? ホワイトヴェール、自腹で購入してみた実践レビューブログ デンマークの海。こんな穏やかな海は久しぶりに見ました。水はとっても綺麗なんです。冷たすぎて泳げませんが、、、。 雨具は常に必要 傘は必要です。どんな季節でも、北欧では1年中傘は手放す事はできないと思ってください。今は晴れてても5分後には雨ということもあります。ただ、ずっと降るのではなく通り雨も結構多いので、傘がなければカフェなどで時間つぶしをすれば良いです。 レインコートもあれば尚可です。なぜなら横殴りの雨もあるので、傘はあまり役に立たない場合もあります。こちらでは、透明の即席ビニールの雨合羽をかぶっている人もいるので、お洒落に気をつけなくてもいいですよ!使い捨てのできる、100円ショップで買えるもので十分です。 急に曇り空になったり。 陽が暮れるとめちゃくちゃ寒い 日中たとえどんなに陽がさして暖かくなっていても、一旦陽が沈むととたんに空気が冷え込みます。日中と同じ服装で出かけたら自殺行為、、、は大げさですが絶対に後悔します!  必ずコート/ジャケットを着て出かけてください。スカーフも忘れずに! 服装 まず第一に、簡単に暑さ調整ができるようにしてください。暑くなったら簡単に脱げるもの。かさばらないもの。そして寒くなったら着れるものです。 厚手の真冬のコートはさすがに必要ありませんが、それでも適度な厚さのあるジャケットやウィンドブレーカーはあったほうがいいです。ぺらぺらの夏用ジャケットやウィンドブレーカーだけだと寒いです。 短い腰までの短いコートではなく、ある程度の長めのが良いかと思います。陽が暮れるととても寒くなるので、短いとお尻や足が寒くなります、、、、 手袋やマフラーはいりませんが、女性も男性もスカーフを1枚持って行ってください、重宝すると思います!空気が涼しいとスースーと首から入るので、スカーフがあるとないとでは雲泥の差です。北欧では男女ほぼ、100%と言っていいほどスカーフをしています。 長袖と半袖の肌着、インナー、薄手のセーター、フリースはあったほうがいいです。   靴 靴はできれば防水のあるものがいいです。ヒールはオススメしません!なぜなら石畳の道もあるので、隙間にヒールが挟んだり、でこぼこするのでとても歩きにくく、疲れやすくなります。出来るだけ平たい靴がいいですよ。   ロングヘアーの方 デンマークは特に風がよく拭く国なので、髪をすぐにまとめられるようにクリップやヘアピンなど常備してください。強風が吹くと髪の毛がバサバサになり、髪が目に入り痛いわ、リップクリームにつくわ、良い事ないです(>_<)  (<-経験者。)   祝日チェック北欧国のカレンダー イースター(復活祭)には気をつけてください! デンマークではイースターホリデーがあります。その辺りの祝日はお店、レストランが休みということが多い場合があります。 イースターの日は毎年変わります。このサイトでは、簡単に世界の国の祝日がわかりますので一度ご覧になってください。 デンマーク休日カレンダー ノルウェー休日カレンダー フィンランド休日カレンダー スウェーデン休日カレンダー   GW中に旅行するメリット 上記のイースターホリデーにぶつからなければ、GWの旅行は以下のメリットがあげられます。いわゆる「普通の平日」の日が多いので、あまり不便な体験はなく旅行ができるかと思います。 ホテルが高くない(通常料金) お店やレストランも通常営業 交通機関も通常営業   現地に住まないと分からない、目からウロコのオススメ持ち物リスト では最後に、GWに北欧旅行をご計画の方に、何を持って行けば良いのか。あまり通常の人が考えないような、でも持ってきたら絶対便利な物をリストをまとめましたので、参考にしてください ^^ いわゆる「普通の持ち物」は省きます。(パスポートとか、お金とか。)   アイマスク(この時期は朝は早くから眩しくなるので睡眠を邪魔されたくなければ持ってきてください) 日焼け止めクリーム(日中晴れたとき) サングラス 傘 レインコート スカーフ(北欧人はほぼ100%しています。)首から冷たい空気がスースー入るので、それを防ぐにもファッションにも最適。 ロングヘア用のヘアピン    

デンマーク旅行、北欧旅行のベストシーズンは?!

日本人出国総人数は年々あがってきています。 日本旅行業協会のサイトから調べてみました。 2014年の統計では北欧ではフィンランドが一番の102,154人。次にスウェーデン42,949人となっています。 デンマークとノルウェーは50番以内に入っていませんでしたが、おそらく日本人旅行者はどんどん増えてきていると思います。みなさんデンマークに来て〜! 引用:https://www.jata-net.or.jp/data/stats/2016/06.html   6月中旬〜8月中旬がベスト! 夏にきて! 一番オススメの時期は夏です。心底オススメします。 具体的に6月後半~7月、8月半ばまで。8月中旬過ぎたら肌寒くなります。9月に入ったらもう秋です。 是非、6、7、8月中旬。この2ヶ月半のゴールデンタイムの間に北欧に来てください!!!!! その理由を述べて行きます。   自然のクーラーが気持ちいい!! 理由ナンバーワンはこれです!自然のクーラーを楽しめるという事。平均の夏の気温は25度前後です。 Tシャツ1枚で快適に過ごせます。暑くもない、寒くもない、まさにベストな気温で、観光にも適していると思います。 窓を開けると爽やかなそよ風が入ってきて、それはそれはとても気分がいいです。読書をしたり友達を呼んでおしゃべりしたり、開放的な気分になれます。 日本はここ数年猛暑でちょっと異常気象な感じがしますよね、、、。空気が暑いんですよね。そしてアスファルトの照り返し。本当に辛いです。(私が小さかかった頃は日本はそんなに暑くなかった気がします、、、) 北欧の夏は涼しくてでも寒すぎる、とても気持ちいいです! 日本とは全く違う夏の過ごし方を体験できます。ああ夏ってこんな爽やかだったんだ、と実感します。 ただし、陽が暮れるとブルブルと肌寒くなります。長袖のアウターは必ず持ってきてください。北欧は夏でもTシャツでいれるのは午前〜午後5,6時くらいまでです。また、海水浴も水は冷たすぎて大抵の日本人は無理かと思います、、、現地人は普通に泳いでいますけど。^^;  水温は寒中水泳ばりに夏でも低いです。(夏にヨーロッパで泳ぎたいのならやはり地中海ですね!) 夏の海、水は冷たい!  まだ息子が赤ちゃんだったころ、夏には森を散歩しました。空気が爽やかで、子供もほんとよく寝てくれました。   ビールや食べ物が美味しくなる。 夏はやっぱりビール!ワイン!という方も多いかと思います。デンマークはビールが安く、水と同じくらいかそれよりも安いです。(数少ない安く買えるものです) 夏は皆ビールやワインを手にもって公園に行きます。ビニール製のピクニックシートという概念がなく、タオルケットや薄いブランケットを芝生の上に敷き、ゴロンと横になってカップルはイチャイチャしたり、読書したり、BBQしたりそれぞれ過ごします。トップレスは見かけませんがビキニ姿になります。 夏場は野菜や果物が美味しくなる時期です。北欧ではイチゴ、ブルーベリーが甘くなりよく採れるので是非食べてみてください!スーパーで安く買えます、500gで300~400円とか。   旅の醍醐味の1つ、マンウォッチングができる 旅にでると、マンウォッチングしませんか?ゆっくりとカフェの席に座って、行き交う人を見る。異国の地でここに住んでいる人はどんな生活してるんだろう、どんな服装してるんだろう、と考えながらぼんやりと人を見る。とても楽しいひとときだと思います。北欧では夏のカフェは大人気、夏場は多くの人が楽しそうに歩いています。夏は、マンウォッチングができるベストシーズンです! 人々はみんな笑顔でゴキゲン♡ デンマーク人人生で好きな物の1つ、、それは夏です!!! 夏が1年で一番好きという人がとても多いです。もう、1年間、夏がくるのをじっと待っています。 そして夏になったら皆この時期はテンションがあがりまくります(笑)。弾けます。 毎日サンサンと降り注ぐ太陽が気持ちいいのでしょう。(でも、人の精神安定剤として、太陽の光って大事みたいですよ。) イベント盛りだくさん! 北欧では音楽フェスが夏に集中してあります。あちこちで開かれて、私の住むアパートからでも音楽が夜まで聞こえてきます。世界的に有名なアーティストも多く参加しますので、機会があれば是非! デンマークでの有名どころは6~8月にフェスティバルが行われます。 ロスキルド・フェスティバル ノースサイド スカナボーグ・フェスティバル ディストーション  とある夏の日の夕暮れ。ここ、スカナボーグというところです。夏には音楽フェスが開かれます。 白夜を体験できちゃう。 北欧の夏は1日がとても長く感じます。真夏は日が沈まず、うっすらと明るいのです。私は夏に日本にいくと夜でも真っ暗になるので逆カルチャーショックをうけました。北欧では夜はうっすらと明るいまま、そのまま朝がやってきます。そして早朝からもうピカピカに朝日が入るので、アイマスクはあった方が良いですよ。でないとちょっと寝不足になってしまうほどです。 夜がうっすらと明るいのは神秘的で綺麗なので、体験している価値アリです! たしか夜の10時頃に撮った写真です。 夏に来るデメリット では逆に、夏に来たデメリットもお話したいと思います。 注意!7月はデッドゾーン。お店と企業の休みが圧倒的に多い。 特に7月はデッドゾーンと思ってください。7月は、まるまる1ヶ月、よく国が機能するな?と不思議になるほど、会社とお店が空いていません。いえ、普通のスーパーは空いているのですからご安心を!問題はレストラン、カフェ、個人営業のお店などが夏休みモードに突入するということです。 普通にドアに紙が貼ってあり、「3週間夏休みに入ります。皆さんも素敵な夏を♡」と書いてあります。もちろん前から休業になるという連絡はしてあるのですが、もし、行きたいお店がある場合、そのお店が休みだったらばショックですよね、、、、。 ですので、狙っているお店、カフェレストランがある場合、夏に来るなら必ず連絡して閉店日をチェックしてください。わざわざ日本から来たのにお店が閉まっててガーン!!!という話はよくあります。。。 ホテルが高くなる ハイシーズンになるのでどうしてもホテルの値段はあがります。そして安くて人気のあるホテルはすぐに満室になるので、早めに、1~3ヶ月前からの予約を心がけてください。   道がおしっこ臭くなる、、、。 最後に、ちょっと夢を壊してしまうような言い方をしますが、、、実はですね、こっちの人。野ションベンを普通にします。いや、本当に、普通にするんでビックリします。特に夏には気分よくビールを飲みながら歩く。するともよおしてくる。キョロキョロ見渡して、都合の良さそうな草影があればそそくさと入って野ションベンをしますです、ハイ。 その時に偶然歩いているととても気まずい雰囲気になります…..。 ですから場所によるとおしっこの匂いがしたりします……。公園、町歩きのときは注意してくださいね。あんまり、キレイじゃない場所も結構あります。^^;;;;;   デメリットも書きましたが、それ以上に北欧の夏は素晴らしい部分がたくさんありますので、旅行にくるときは是非夏にいらしてください〜!