おっ北欧|子連れ旅行&北欧情報

おっと思った北欧ステキ情報を現地北欧デンマークからご紹介。時々子連れ旅行情報も。

ヨハ JOHA 冬には暖かいウールの子供服を。

time 2017/01/17

ヨハ JOHA 冬には暖かいウールの子供服を。
2 Shares
(Last Updated On: March 30, 2018)

ここ数日、デンマークはとても寒いです。
特に朝はマイナス気温となり、外に停まっている車や草木が凍っています。

朝外にでると、キンと冷えた空気が当たるので
短距離でも帽子、マフラー、手袋は外せません。

こんな寒い国のデンマークから発祥のJOHA (ヨハ)という子供服メーカーがあります。
ウール(羊毛)を使った洋服を制作しています。
JOHA公式サイト(英語)

 

自分の子供も数着JOHAヨハの服を持っていますが、
さすが寒い国が作った防寒服、とっても暖かく肌触りの良い商品です。

sponsored link

JOHA ヨハ とは

デンマーク語はJはヤ行で発音します。例:JAPANはジャパンでなくヤーパンです。
それで、JOHAもジョハではなく、ヨハと読みます。

 

1963年にデンマークで誕生。
世界で初の、ウールを使ったインナーウェア(下着)をつくりはじめた会社です。

           コンセプトは

  • 妥協しないクオリティ
  • 最高級のウール
  • 最高の着心地とデザイン

 

 

これは50年以上たった今でも変わらないそうです。

 

北欧人のウール信者多し!

北欧の人は、ほんとに、ほんと〜〜にウール(羊毛)信者が多いです。

まわりの子供達はほぼ全員、ウール素材の服を持っています。
ヨハは北欧の子供なら一度は袖をとおす、と言われているくらいです。

でもこれは、何十年何百年と寒い北国で生きてきた人達の経験からの結論なので、
ウールが良い!というのは事実なのでしょう。

実際、ウールは化学繊維ではだせない、独特のふんわりとくる
暖かさがあります。

これは着てみないと分かりにくいかもしれません。

なぜウールがいいの?

ウールは、寒いときは体を暖め、

暖かい時は涼しくする性能がある。

 

ウールは体温調整がうまくできない小さい子供にはピッタリな素材
だということです。

うちのおばあちゃんも、遊びにくるたびに、そしてヨハを買ってくるたびに、

「ウールは子供に最高なのよ!寒い時はあったかくなって、暑い時は涼しくなるの。」

と、熱弁します。(もう10回くらいは聞きました、、、^^;;; )

 

ヨハのHPから抜粋しますが、吸収性もよいようです。
コットン(綿)はそれ自体の重さの8%しか汗を吸収できないのに対し、
ウールは自体の重さの40%の汗を吸収することができるようです。
さらにウールは肌にとても優しい素材であり、
特に赤ちゃんや小さい子供の繊細な肌に合うようにヨハでは
特別な品質のウールを使っています。

まさにイイとこどりのヨハ。

そしてヨハが使っている生地ですが、
ウール製品ってチクチクするんじゃないの?と思っていた自分ですが、
実際に商品を触ってあのなめらかさ、柔らかさにビックリしました。

なんといいましょうか、、ゆるふわホカホカ、ほっぺたにスリスリしたくなるような
生地なのです。やさしく、そして軽い。

さすが最高級のウールを使っているだけあります。

こんな生地につつまれた子供は幸せだろうな、と思います。^^

ヨハに聞いてみた!ウールの洗い方、扱い方。

私はずぼらな性格でして、
洗濯物もひどい場合をのぞいてあまり色分けや素材わけせずに洗っています。
(ダメですよね、、)

ウールも、実は昔に普通に洗ってしまい
乾かしたらゴワゴワになり縮んでしまったという痛い経験がありまして、

ヨハに関してはちゃんと扱おう!と決心したのです。

この件でヨハに実際に聞いてみました
質問してから10分後くらいに回答がきました!早い対応、好感が持てます。

ヨハからの回答は、

お約束

  1. ウール専用の洗剤を使う。
    ラノリン入りがベター!
  2. 40度かそれ以下の温度で洗う。(洗濯機OK)
  3. 平たくして乾かす。

以上です。

ラノリンとは、羊からでるオイル(油)です。
ラノリンは、オーガニックでナチュラルな保湿効果のあるオイルで
羊の肌と毛の間にあるオイルで、毛を刈るときに出てくる副産物だそうです。

動物に苦痛を与える事なく自然にとれるオイルなので愛好家も多いとか。

 

ラノリン入り洗剤として、ユーカランという洗剤があります。
大きいサイズ500ml

小さいサイズ100ml

こちらは私が使っているウール専用の洗剤です。
(英語ではWOOLですがデンマーク語ではULDです)

40度またはそれ以下のぬるま湯で。
(写真下、Size:90 cm  Int: 86/92の下に40と書かれた
アイコンが見えます。)

ヨハによると手洗いでも洗濯機でもどちらでもいいようです。
洗濯機の場合はネットにいれて「手洗いコース」で優しく洗ってください。

 

最後は寝かせて乾燥させます。
手洗いの場合、水を絞る時はねじらないほうが良いですよ!
なぜならしわになってしまい、乾燥してもそのしわが取れないからです、、、(涙)

できれば脱水機にいれるか極力ねじらないで、押して?水をだして
乾燥させる事をオススメします。

 

デメリット

唯一のデメリットは、洗濯の部分だと思います。

私は洗濯機で洗いたいのですが、
なかなかウールだけで洗濯物が集まらないんですよね、、、

ウールの服をたくさん持っていれば一緒に洗えますが、
それほど持っていない、、というか子供の服のみなので

最近はもっぱら手洗いで洗っています。

手洗いと言っても、そんなに時間はかからないんですけどね。

オススメ!子供服

うちのおばあちゃんが、息子にそれはたくさんのヨハを買ってくれました。
(おばあちゃん、ありがとう!)

 

もう、秋〜冬〜春とかけて大活躍です。

ほんとうはまだ数着ロンパースがあるのですが、
乾燥中でしたので割愛します。

まず、ロンパースです。
最高級のウールを使ったきめ細かい生地なのでゴワゴワチクチクしません。

ソフトで優しい手触りです。
自分の子供はそれの下にうすい綿の肌着を着ています。

縫い目もボタンもしっかりとしています。丁寧に作っているのがわかります。

部屋にいるときは、素肌にこのパンツをはかせています。
(パンツの足の丈が長いので折っています、でも来年も使えそうです)
ふんわりと暖かいし動きやすいので子供もラクだし嬉しそう。

 

これは外着用インナーです。
北欧の冬は寒さが厳しいので、
出かける時は子供はみんなスノースーツを着ています。

うちの子供はその下にこのヨハのワンピースを着せて
さらにウールの靴下を履かせてお出かけします。


羊さんありがとう、あなたたちは偉大です!

 

イメージ出来ればと思い、実際に着たところを撮ってみました。
前と後ろです。

このヨハ、機会があれば是非トライしてみてください。
子供が気持ちよく暖かく冬を過ごせますように。^^

寒い日の外出には、ウールの帽子であったかく

このヨハ、洋服だけでなく帽子や靴下も作っています。

デンマークの保育園、幼稚園にいるとみんなヨハじゃないかというくらい、
特にこの帽子は利用率が高いです。

モコモコのウールに顔がちょこんと出ていて、可愛いですよ。

 

こちらは靴下。
北欧の子供はこのウールの靴下に、防水で中身はファーのような素材が入っている
靴を履きます。

そうすることによって足は暖かくなり、
1時間外で遊んでいても大丈夫になります。

北欧の冬は寒いので、準備万端にして子供は外に行きます。

ウールは北欧の生活では外せない素材です。

その他オススメ記事

(Visited 2,362 times, 1 visits today)
2 Shares

sponsored link

スポンサーリンク

フィンランドのベビーBOX

北欧っぽいガスコンロ新発売

北欧雑貨ショップ

運営者プロフィール

SKと言います。北欧はちょっとマイナーな国、デンマーク在住です。仕事に家事に育児にバタバタ、忙しく暮らしています。夢にみるのは日本の温泉と食べ物、里帰りが待ち遠しいです。

投稿日

February 2019
M T W T F S S
« Jan    
 123
45678910
11121314151617
18192021222324
25262728