北欧の人は、インテリアのセンスがいい人が多いです。いつもスッキリ片付いていてインテリア雑誌のよう。遊びにいくたびに「よーし、自分の家も片付けるぞー!」と院スパイアされます。(されるだけ、、、てことは内緒。)

昨日お話したクリストファーさんとケイトさん、お宅も見せてくれたのでレポートしたいと思います。

 

 

北欧の子供部屋

これがノア君(3歳)の部屋です。明るくてバルコニーがついています。本当はこの部屋がマスターベッドルームなのですが、日中の光が一番入る部屋なのでノア君の部屋にしたそうです。バルコニーをあけると爽やかな風が入って来て気持ちがいいです。

逆光になってしまいました (;_;) なかなかイケメンのノア君です。

ん?よくみると明かりの下、緑色のボブルスのゾウがあります。やっぱり北欧キッズの部屋にはほぼ必ずといっていいほどボブルスがありますね。:)

ボブルス– デンマーク発、子供の遊べる家具

ノア君のベット。基本的には1人で眠るようですが、やはり夜中にパパとママが恋しくなってベットに潜り込んでくるそうです。3歳だから仕方ないよね。:)

おもちゃの台所もあります。壁の色が綺麗なブルーです。北欧の子供がいる家は木製のおもちゃが多い気がします。

隣はバスルームになっています。

横の戸棚には絵の具や工作道具がしまわれています。本来ならゴミ箱なのでしょうか、ケースをお洒落に物入れとして使っています。

デンマーク語のアルファベットのポスターです。右は数字を数える練習ポスター。

 

リビングルームにやってきました。真っ赤なテーブルが目を引きます。後ろに無造作にぶら下がっている電球もお洒落。

テーブルの脇にお酒が飾られていました。モンキーがぶら下がっています。

このモンキー、デンマークの有名なクラシックなデザインの1つで1951年に作られました。デザイナーはカイ・ボイスン。彼はジョージジェンセンの弟子として修行をつみ、のちにこの木製の動物シリーズをデザインしました。公式サイトの説明(英語)

http://www.kaybojesen-denmark.com/about-kay-bojesen より

 

この木製モンキー、結構デンマーク人のお宅でよく見かけます。

 

日本ではこのモンキー、リプロダクト品と正規品が売られています。リプロダクト品についてはルイスポールセンになりますがこちらの記事で書きました。

ルイスポールセンの偽物について

このブログでは、正規品の方をご案内します。

 

カイ・ボイスンのもう1つの作品バード。

こちらのお店ですと、現在非売品のカイ・ボイスンのポストカードがもらえるみたいです。:) いろんなカラーバリエーションがあります。